読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「企画=(柳原可奈子+池上彰)÷2」の方程式で特許をとりたいブログ

ゲリラPRの砂流師匠の5番弟子のブログ。砂流というキーワードのSEOで上位独占を阻止するブログでもあります

小心で傷心な生き物だけど、それでもTokyo Work Design Weekに登壇します

私は実に小心で傷心な生き物だ。
それを白日の下に晒さないために虚勢を張り、時にそのことにすら疲れる。

我ながら、実に馬鹿げた生き物だとも思うが、そのバカげた自分をようやく好きになれるようになった。最近。


そもそも流行りのサードウェーブコーヒー片手に、「仕事だから」という大義名分を武器に、オシャレな雑誌をひろげなからこんなポエムを書き始めた時点で、実に自分に酔いしれている。スクールカーストの底辺出身の人間にしては、勘違いも甚だしい。

 

そんな人間が、渋谷のド真ん中・ヒカリエでどうやら偉そうに語るらしい。

twdw20161124d2.peatix.com

正直に言おう。多少なりとも虚勢でも張って、自分に酔いしれてもなければ、人前で喋るなんて不可能だ。少なくともスクールカーストの底辺出身の人間には。
そして偉そうに語った後に襲いかかる得たいのしれない重荷と罪悪感、疲労感。「自分は人前で偉そうに語るだけのことをやってきたのか」と。

「家に帰るまでが遠足」という認知率95%の名言がこの国には存在するが、この感覚に襲われるまでが人前で喋る時にはセットだった。

実に面倒だ。もう少しでも合理的な人間であれば、そんな過ちを繰り返さないだろう。ただし、大小さまざまな矛盾を抱えながら生きているのが男という生き物であり、人であり、その集合体が東京という街だ。

そして、そのバカバカしさを受け入れ、魅力にすら感じるところから企画は始まるのだと、東京という街は教えてくれたような気がする。だから、これは東京への恩返しだと自分に言い聞かせている。

さて、いい気分に自分に酔いしれたので、仕事に戻ろう。小心で傷心な生き物は、〆切という現実に焦心している。「だったらポエムを書くな」という合理的なご意見は勘弁いただきたい。それくらいは、実にバカげた生き物の私ですら分かっている。